門司港レトロ百景

門司港レトロ(北九州市)の風景やイベントを掲載しています

Archive for the ‘レトロのイベント’ Category

ネオクラシックカーフェスティバル

without comments

門司港レトロでは、年に2回、クラシックカーのイベントが開催されています。

そのうちのひとつ、五月に行われたネオクラシックカーフェスティバルです。

後ろのクラシックな建物は、国際友好記念図書館です。北九州市立の図書館で、建物1階はレストランになっています。

ネオクラシックカーというだけに、一昔前ふた昔前のちょっと懐かしい車もたくさん展示。
(ここだけでなく、隣の中央広場とかにもたくさんありました)

右側にちょっと見えている水色の車は、珍しい形のポルシェです。以前、大分のクラシックカーイベントで見かけたので、少しお話をさせていただきました。レーシングカーみたいですが、普段も乗ってらっしゃるそうです。そういえば、国道で走っているところを見かけたことがあります。

栄町銀天街のイベント

without comments

栄町銀天街では、広い道幅を生かしていろいろなイベントが行われています。

写真は、大門司港博覧祭のひとこま。

昭和レトロ館の横で、獅子舞演舞です。

門司港レトロフリーマーケット

without comments

3月~11月にかけて、門司港駅前(など)で行われている門司港レトロフリーマーケット。

九州各地で行われている「~マルシェ」ほどの華やかさはないものの、それなりの人出で賑わっています。

昔から(と言っても平成6年~)続いているこの催し、楽しみにしている方も多いのでは?
古着や雑貨や手作り小物などが出ていて、何度か利用しましたけど、意外な掘り出し物があったりします。

野外イベントなだけに、雨天中止だと残念ですが・・・。

関門海峡花火大会

without comments

門司港のイベントで一番人出が多いというと、間違いなく関門海峡花火大会でしょうね。

今年(2011)も、120万人を越える観客だったそうです。

ただし、対岸の下関側と合わせてですが。

右手にあるのは、その下関に建てられている海峡ゆめタワーです。

門司港レトロ展望室からの夜景

without comments

レトロハイマートにある展望室に行ってみました。

ちょうどイルミネーションの時期で、木が暖かな色に光っています。

近くに見える建物は、旧門司税関。
海を挟んで、船の形をした大きな建物は、門司港ホテルです。
その斜め左上、青く光っているのは旧門司三井倶楽部。

各施設のライトアップは、17時から22時まで続けられます。

門司港レトロカウントダウン

without comments

門司港駅前広場で、大みそかに行われた「門司港レトロカウントダウン」です。

ミュージックライブやバナナの叩き売り、そして黙とうのあと花火が上がります。
新年の30分くらい前から人が増え始め、日付が変わる頃には広場から人が溢れるほどでした。

新年になってからも、少しだけイベントが続きました。

おさんぽマルシェ

without comments

毎回、大勢の人出でにぎわう「おさんぽマルシェ」。

マルシェというのは、フランス語なので英語ならマーケットかな?
お散歩しながらお買い物を楽しむ市場ってところでしょうか。

アンティークな雑貨や小物が多いのですか、飲み物やランチプレートなんかも人気でしたね。

レトロカーミーティング

without comments

2009年の秋に行われた「門司港レトロカーミーティング」です。

写真の場所は「大連友好広場」。
建物の方は、「大連友好図書館」ではなく「国際友好記念図書館」です。
ネーミングが統一されてない気がするのは私だけかな?

よさこい「0哩」(ゼロマイル)の新曲

without comments

5月に行われた門司港レトロフェスタで踊った、地元のよさこいチーム「0哩」です。

今回は、装いも新たに「新曲」の披露でした。見事でした!

キッサコ門司港ライブ

without comments

旅立ち ~0からの出発~ 「0哩標」のあるこの場所から……

2010年3月21日に行われたキッサコのライブです。
キッサコ(喫茶去)とは、仏教用語で「お茶でも飲んでゆっくりしてください」という意味だそうです。
とても聞き応えがあるステキなコンサートでした。